看護師

出産を安心して迎えるための病院~シッカリ安心サポート~

排卵を起こすための薬

子供

この薬の副作用

無排卵症・無月経・月経期間が長過ぎる希発月経などの排卵障害が見られた時に処方される薬が排卵誘発剤です。これは、不妊治療に使われる薬で一番多く使用されています。排卵誘発剤の副作用としては、多胎妊娠や卵巣過剰刺激症候群が起こると言われています。双子以上の多胎妊娠が起こる可能性が高くなり、卵巣過剰刺激症候群が起こってしまうと、卵巣が腫れてしまい、腹水や胸水が溜まるといった重症な副作用が現れる事があります。排卵誘発剤には、飲み薬と注射による投与するものがあります。両方とも飲み薬によるものよりも、注射による投与で起こる可能性が高くなっており、現在では、それらの回避策や重症を予防する策の研究が進められています。

薬の種類と効果

不妊治療に主に使用されている排卵誘発剤ですが、これは人工受精や体外受精の時にも使われるという事が分かっています。排卵が起こる仕組みとしては、黄体形成ホルモン放出ホルモンが卵巣を刺激し、卵巣で分泌されるエストロゲンが脳に作用する事によって、起こるというものです。排卵誘発剤の種類としては、クエン酸クロミフェン製剤という飲み薬とhMG製剤という注射の投与が基本となっています。クエン酸クロミフェン製剤は、副作用が少なく安心して服用する事が可能ですが、軽い症状のものしか効果が現れないと言われており、hMG製剤は、直接卵巣を刺激するためといった方法で注射するため、効果が強く現れるために副作用が発生しやすいです。